ツルだけじゃない鳥の部屋

参考文献

大西敏一、五百澤日丸、真木広造『日本の野鳥650』(平凡社)

高野伸二『フィールドガイド 日本の野鳥』(日本野鳥の会)

Richard Grimmett, Carol Inskipp, and Tim Inskipp "Birds of India" (Princeton University Press)

Terry Stevenson, John Fanshawe "Birds of East Africa" (Princeton University Press)

Wikipedia

コウノトリ目


コウノトリ目には、コウノトリ科1科が属しています。


コウノトリ科



シロスキハシコウ
学名: Anastomus oscitans

英名: Asian Openbill

体長:  68cm


クチバシにスキマのあるコウノトリ。ネパールのチトワン国立公園で見られました。


セイタカコウ
学名: Ephippiorhynchus asiaticus

英名: Black-necked Stork (Jabiru)

体長:  112-115cm


オーストラリア・ノーザンテリトリーのカカドゥ国立公園の象徴のような鳥。


コウノトリ
学名: Ciconia boyciana

英名: White Stork

体長:  112cm


「松に鶴」。ツル類は松の木にとまれないので、これはコウノトリの「間違い」だと言われることがあります。豊岡の「コウノトリの郷公園」で説明を聞くと、豊岡でも、昭和の初期まで、コウノトリのことを「ツル」呼んでいたらしい。こうなると、「間違い」ではありません。




学名: Mycteria ibis

英名: Yellow-billed Stork

体長:  108cm


ケニアではよく見かけるコウノトリ類。でも「コウノトリ」のイメージとはだいぶ違います。