ツルだけじゃない鳥の部屋

参考文献

大西敏一、五百澤日丸、真木広造『日本の野鳥650』(平凡社)

高野伸二『フィールドガイド 日本の野鳥』(日本野鳥の会)

John L. Dunn and Johathan Alderfer 『Field Guide to Birds of North America』 National Geographic

Ian Sinclair, Phil Hockey, Warwick Tarboton, Peter Ryan "Birds of Southern Africa" (Princeton University Press)

Wikipedia

カモ目



カモ科


ガン類については、「ガン類」のページをごらんください。



オオハクチョウ
学名: Cygnus cygnus
英名: Whooper Swan
体長: 140cm

北日本や日本海側に多いが、関東地方にも飛来地があります。この写真はオホーツク海岸の北浜白鳥公園で撮影。

作品集: オオハクチョウ
       オオハクチョウ(丹頂の里)



コハクチョウ
学名: Cygnus columbianus
英名: Whistling Swan

東日本では、見る機会が少ない・・・と思っていたら、最近、千葉県印西市に来ることを知りました。オオハクチョウとの違いは、体の大きさというよりも、くちばしの黄色い部分の大きさ、と思っていたほうが見分けやすい。黄色い部分が大きいのがオオハクチョウ。さらに黄色い部分が小さいのが、亜種「アメリカコハクチョウ」(下の写真)。


コブハクチョウ
学名: Cygnus olor
英名: Mute Swan
体長: 152cm

飼育していたのが野生化したものが、日本各地にいます。一年中いるのはこの種。この写真は山中湖で撮影。


エジプトガン
学名:  Alopochen aegyptiaca
英名: Egyptian Goose
体長: 60-75cm

「ガン類」からははずされ、「エジプトガン類」と別物扱いされるようです。南アフリカでたくさん見られました。

作品集: エジプトガン 南アフリカ(2013)


アオマメガン
学名:  Nettapus pulchellus
英名: Green Pygmy-goose
体長: 30-36cm

小さな「マメガン」。オーストラリア・ノーザンテリトリーで見られました。


アカツクシガモ
学名:  Tadorna ferruginea
英名: Ruddy Shelduck
体長: 63.5cm

チベット・ラサの公園でたくさん見られました。


ツクシガモ
学名: Tadorna tadorna
英名: Common Shelduck
体長: 62.5cm

日本では九州特産種といっていいでしょう。


シロガシラツクシガモ
学名: Tadorna radjah
英名: Burdekin Duck (Radjah Shelduck)
体長: 48-60cm

オーストラリア・ダーウィンのTerritory Wildlife Parkで見られました。


タテガミガン
学名: Chenonetta jubata
英名: Australian Wood Duck (Maned Duck)
体長: 48cm

オーストラリアのアデレード植物園で見られました。


オシドリ
学名: Aix galericulata
英名: Mandarin Duck
体長: 45cm

夫婦円満の象徴になっていますね。姿は文句なしに美しい。


ヨシガモ
学名: Anas falcata
英名: Falcated Duck
体長: 48cm

三列風切が長く、垂れているのがチャームポイント。


オカヨシガモ
学名: Anas strepera
英名: Gadwall
体長: 50cm

オスが地味なのでわかりにくい。お尻が黒い。


ヒドリガモ
学名: Anas penelope
英名: (Eurasian) Wigeon
体長: 48.5cm

頭の黄色がアクセント。この写真は、茨城県・古徳沼で撮影。


カルガモ
学名: Anas poecilorhyncha
英名: Spot-billed Duck
体長: 60.5cm

皇居の「お引越し」で有名になりました。カモの中でもこの種だけは1年中みられます。この写真は岩手県・釜石で撮影。


マガモ
学名: Anas platyrhynchos
英名: Mallard
体長: 59cm

カモといえばこれ。普通種だが、頭と翼鏡(金属光沢のある羽根)は、この上もなく美しい。


ハシビロガモ
学名: Anas clypeata
英名: Shoveler
体長: 50cm

くちばしが平べったく、大きい。和名も英名もわかりやすい。この写真は遠いですが、東京港野鳥公園で撮影。


オナガガモ
学名: Anas acuta
英名: Pintail
体長: 雄 75cm、 雌 53cm

日本のカモでは多数派。ピンと長い尾が特徴。この写真は宮城県・伊豆沼で撮影。


コガモ
学名: Anas crecca
英名: Teal, Green-winged Teal
体長: 37.5cm

冬鳥として真っ先に渡ってくるシャイなカモ。


アカハシハジロ
学名: Netta rufina
英名: Red-crested Pochard
体長: 50cm

ヨーロッパから中央アジアにかけて繁殖。



ホシハジロ
学名: Aythya ferina
英名: Pochard
体長: 45cm

上がオス、下がメス。オスは灰色の体が目立つ、わかりやすい種。オス・メスとも東京港野鳥公園で撮影した写真。



キンクロハジロ
学名: Aythya fuligula
英名: Tufted Duck
体長: 40c

リージェント。人呼んでヤンキーガモ。上がオス、下がメス。オスの写真は、茨城県・古徳沼で撮影。メスは東京港野鳥公園で撮影。


スズガモ
学名: Aythya marila
英名: Greater Scaup
体長: 45cm

緑色の頭がポイント。


シノリガモ
学名: Histrionicus histrionicus
英名: Harlequin Duck
体長: 43cm

雄は、顔の模様がおもしろい。管理人はまだ、雌しか見たことがありません。


ビロードキンクロ
学名: Melanitta fusca

英名: Velvet Scoter

体長: 55cm


決して普通種ではない海ガモですが、最近船橋の三番瀬に毎年飛来しているようです。首を体に畳み込んでいる時間が長く、そうしているとおもちゃのボートみたいです。


クロガモ
学名: Melanitta nigra
英名: Black Scoter
体長: 48cm

海に浮かんでいると、クチバシの黄色い部分以外、真っ黒。この写真は、千葉県にコクガンが飛来したとき、隣に浮いていた個体。2羽いた(2羽ともオスでした)。


ホオジロガモ
学名: Bucephala clangula
英名: Common Goldeneye
体長: 45cm

そんなに珍しい種類ではありませんが、北の海で見つけると、結構うれしい。


ミコアイサ
学名: Mergus albellus

英名: Smew

体長: 42cm


オスは白黒の配色が特徴的な、別名「パンダガモ」。写真の右がオス、左がメス。


ウミアイサ
学名: Mergus serrator
英名: Red-breasted Merganser
体長: 55cm

髪の毛がボサボサのアイサ。


カワアイサ
学名: Mergus meragnser
英名: Common Merganser
体長: 65cm

アイサ類のなかでは髪型が整っている優等生型。


オウギアイサ
学名: Lophodytes cucullatus

英名: Hooded Mergamser

体長: 46cm


アメリカ・テキサスのアランサス国立野生生物保護区で見ました。

カモ目