ツルだけじゃない鳥の部屋

参考文献

大西敏一、五百澤日丸、真木広造『日本の野鳥650』(平凡社)

高野伸二『フィールドガイド 日本の野鳥』(日本野鳥の会)

Terry Stevenson, John Fanshawe "Birds of East Africa" (Princeton University Press)
スズメ目


カラス科



オナガ
学名:Cyanopica cyana
英名:Azure-winged Magpie      
体長:37cm

関東名物。青い鳥で、ちょっときれいですが、声は悪い(グェーイ、あるいはジェーイと聞こえます)。カラスの仲間です・・・英名のmagpieは「カササギ」であり、ちなみにカササギもカラスの仲間です。


ミヤマガラス
学名:Corvus frugilegus
英名:Rook      
体長:47cm

ちょっと小さめのカラス。くちばしの根元が白っぽい、と説明されますが、くちばし全体が白っぽく見えます。鹿児島県出水市にツルを見に行くと、よく見られます。


ハシボソガラス
学名:Corvus corone
英名:Carrion Crow
体長:50cm

ハシブトガラスより小さく、鳴き声が「ガーガー」とにごっています。おでこが出っ張っていない・・・など、種の判別のポイントがありますが、これらの区別ができるようになっても、いまいちうれしさが感じられないのが悲しい。ハシブトガラスよりは「自然派」。


ハシブトガラス
学名:Corvus macrorhynchos 
英名:Jungle Crow            
体長:56.5cm

いわゆるカラス。とくに都会で見られるのは、たいていこれ。よく見ると、からだは真っ黒ではありません。


ムナジロガラス
学名:Corvus albus
英名:Pied Crow            
体長:46cm

体の一部が白いカラス。