ツルだけじゃない鳥の部屋

参考文献

大西敏一、五百澤日丸、真木広造『日本の野鳥650』(平凡社)

高野伸二『フィールドガイド 日本の野鳥』(日本野鳥の会)

Ian Sinclair, Phil Hockey, Warwick Tarboton, Peter Ryan "Birds of Southern Africa" (Princeton University Press)

John MacKinnon & Karen Phillipps『A FIeld Guide to the Birds of China』Oxford University Press
スズメ目


ホオジロ科



ケープホオジロ
学名: Emberiza capensis
英名: Cape Bunting
体長: 16cm

喜望峰で見られました。


ヒゲホオジロ
学名: Emberiza godlewskii
英名: Godlewski's Bunting
体長: 17cm

チベット・ラサの近郊、シュクセ寺で見られました。


ホオアカ
学名: Emberiza fucata
英名: Gray Bunting
体長: 16cm

霧ヶ峰、車山肩の駐車場近くでさえずっていました。


アオジ
学名: Emberiza spodocephala

英名: Black-faced Bunting

体長: 16cm


どうみても黄色いのに、なぜ「アオジ」?日本語の「アオ」は、かなり広範囲の色を指すのです。